All archives    Admin

03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2008'05.12 (Mon)

返し口よ、さようなら~♪

先日からのコースター。
返し口を残して、出来上がったトップと裏布(+片面接着キルト芯)を中表にし
周りを縫って・・・グリッと返していました。
DSCF0271.jpg

とにかく、返し口を最後にコの字で縫いかがるのが
超苦手で・・・
特に、これはへこんだ部分が上手く行かず・・・

そこで、返し口をなくしてしまう方法をずーーーっと考えてました(苦笑)

この、コースターの場合のみ使用可能の手段ですが・・・

この先は・・・・
もし興味があれば読んでくださ~い!

そして、「な~んだ~・・・」という内容なら、ごめんなさい

【More・・・】


        

裏の布と、トップのアニマル以外の部分を先に
中表で縫ってしまいます。グル~っと・・・

真ん中がないので、周りを全部縫ってしまってOK

そして、周りを全部グリッとひっくり返します。こんな感じ・・・

DSCF0272.jpg


白く見えている部分は、キルト芯です♪

そして、真ん中部分にアニマルちゃんの布を
アップリケすると言うわけですDSCF0273.jpg

これだと返し口なーーーしで完成するはず!

いつも、最後の最後に「あっ・・・やだ・・・」と
思ってしまう部分がなくなって、いいんじゃないかな~
って、独り思っています

脳みそが退化していく毎日・・・自分では
ひらめいた!!って感じ!?
超、自己満足の世界です~~~

では、続きを作ってきま~す♪♪

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 手作り日記 - ジャンル : 趣味・実用

22:27  |  布小物  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

考えたね! 
みんなのブログをお邪魔すると 目からウロコっていう内容が
書いてあるときがあります。
勉強になりますね。

夏には、コースターが沢山 必要になるので
私もなにか作ってみようかな!

子供にペットボトルカバーを頼まれているので
それが先かなぁ~(^_^;)


のんちゃんママ☆ | 2008年05月13日(火) 07:38 | URL | コメント編集

おーーーなるほど(*'▽'*)♪
うんうん、すご~い!!
まるも、型紙あててぐし縫いして(←私はこれが結構苦手)うまくできたら気分も上昇o(*^▽^*)o
私も、作りたくなってきたわぁ~やっぱり、Ponkoさんに影響されてる私です。
miki | 2008年05月13日(火) 17:52 | URL | コメント編集

良い方法、思いつきましたね!
やっぱり、改善したいって思うところって、何か思いつきますよね~。
私も、この方法ドレスデンのコースターを作るときに使ってま~す!ちなみ、キルトの先生に教えていただいたの・・・。
きるとのき | 2008年05月13日(火) 18:04 | URL | コメント編集

♪のんちゃんママ☆さんへ♪

自分の苦手な所を避けて通ろうとする気持ちが、この発見につなっがったような・・・i-230

コースターってほんとに色んな形があるよね~♪
のんちゃんママ☆さんはどんなの作るのかな~???

ペットボトルカバー、難しそうで作ったことないです!
お姉ちゃんに頼まれてるなら、はりきっちゃうね☆
Ponko | 2008年05月13日(火) 19:13 | URL | コメント編集

♪mikiさんへ♪

私も、まるのぐし縫い・・・はずした時に、どこかしら
せっかくの丸が崩れてしまい、いや~な気持ちになってますv-393
リックラックとかでごまかされてますが・・・!

私も作りたい物、mikiさんの影響うけてますよ~♪
なんか楽しいですね!フフッ♪
Ponko | 2008年05月13日(火) 19:28 | URL | コメント編集

♪きるとのき さんへ♪

やはり、この方法ですでに作られてたんですね!!

改善意識を持って作れば、きっと、早く綺麗に仕上げられる
方法が見つかるはずですよね♪♪
そうすれば、もっともっと作りたい気持ちになりますね!

Ponko | 2008年05月13日(火) 19:41 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://s421967.blog26.fc2.com/tb.php/92-4e6bc211
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |